こんにちは、麹大好き甘酒大好きなとらです。

 

最近、麹(こうじ)ブームが起こっているようですね!

麹は僕ら日本人の食生活では切っても切れないとても大切なもの!

 

今回は麹とは一体何なのか、

どのような食材に使用されているのかを

再確認していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

麹(こうじ)とは何か

麹とは、カビの一種である

コウジカビを

米、麦、大豆などの穀物に繁殖させたものです。

 

コウジカビはその名の通りカビなので

お風呂場にいるような黒カビの仲間ですw

 

ただ、人体に対してとても役立つカビですので安心してください。

 

コウジカビも生物ですので成長していきます。

コウジカビが成長するために、デンプンやたんぱく質を

分解する酵素を作り、放出しています。

 

この酵素がとても大事で、米、麦、大豆などのたんぱく質やデンプンを分解し、

分解されたブドウ糖やアミノ酸を栄養として増えています。

 

このように、コウジカビが生活する際に必要な酵素をもちいて

食べ物を発酵させているのが麹を使った発酵食品なのです。

 

酵素によって作られたブドウ糖やアミノ酸は

人間が消化しなくても直接吸収できる形になっているため、

とても栄養価が高いのです。

 

 

スポンサーリンク

麹をつかった食品は

それでは麹を使った代表的な食品を確認していきましょう!

味噌

味噌は麹と塩と大豆を混ぜて発酵させた食品です。

醤油や日本酒とは異なり、自宅でも作ることができますので

興味のある方は自家製味噌を作ってみてはいかがでしょうか?

 

醤油

醤油はゼロから自宅で作ることはできないと思いますが、自宅で麹を足すことができます。

醤油と麹を混ぜて置いておくだけ!

1分でできます。

 

スポンサーリンク

甘酒

甘酒は日本酒を絞った酒粕から作ると思っていましたが、

麹と水だけでできるみたいですね!

もち米と麹を混ぜ合わせて、ヨーグルトメーカーで温めておくだけで

完成するようです!

 

こちらはもち米と麹を混ぜてヨーグリタで作成しています。

まとめ

麹は日本人にとって欠かせない食材ですね。

自宅で作れる麹食品は以外とたくさんあるもの。

 

微生物の力をうまく借りて、健康になりましょう〜!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事