スポンサーリンク

こんにちは、とらです!

 

3月2日 21時54分から放送されるテレビ東京系トークドキュメンタリー番組『カンブリア宮殿』にて

地方から奇跡のビジネス革命を起こした女性社長として紹介SPとして御手洗瑞子さんが紹介されます。

御手洗瑞子さんは若くして気仙沼ニッティングという会社を起こし

独自ブランドを立ち上げたそうですね。

会社名からもわかるかもしれませんが、東日本大震災の被災地である宮城県気仙沼市を拠点とした会社で

2012年に設立されています。なんと初年度から黒字経営だとか。

 

すごい人だなぁと思うのと同時に、

その経営哲学の本となったであろう経歴や、

旦那さんや子供がいらっしゃるのか

気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

御手洗瑞子(みたらい たまこ)と読みます。

1985年、東京都で生まれています。

現在は31歳のようです。

 

中学生の頃に発生した同時多発テロをきっかけとして

「価値観というものはどうやって発生するのか」ということにとても興味を持たれたようですね!

 

2008年に東京大学経済学部を卒業されたのち、

経営コンサルティング会社で有名な

マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務を経て、

2010年9月から2011年8月までのあいだ、ブータンの初代首相フェローを務めていたようです。

ブータンではブータン観光産業の育成に従事されていたようです。

 

そして2012年に株式会社気仙沼ニッティングの設立に参画し、

2013年から代表取締役に就任されているようです!

 

バイタリティすごいですよね!

 

マッキンゼー時代の仕事や年収は?

マッキンゼーに勤務されていた時の仕事や年収について

調べてみました。

 

マッキンゼーで培ったことは

「本質をつかむこと」

 

コンサルタントの必須能力であはると思いますが、

その能力を伸ばしていかれたようです。

 

また、マッキンゼー時代の年収に関しては

具体的な額はわかりませんでしたが、

マッキンゼーの平均は年間1000万円以上と言われていわれています。

 

スポンサーリンク

旦那さんやお子さんについて

ご結婚されていると思いましたが、

旦那さんやお子さんの情報は見つけられませんでした。

 

今は気仙沼ニッティングが旦那さんであり子供さん

のような感じなのかもしれませんね!

 

まとめ

気仙沼から本質を見抜いて事業を行っていく

御手洗瑞子さんをこれからも応援していきたいと思います!

 

これからもご活躍を楽しみにしています!!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事