沢尻エリカ

本日沢尻エリカさんが合成麻薬を所持していたという疑いで逮捕されたという報道がありました。

沢尻エリカさんは「別に・・・」からの会心で、綺麗な印象の女優さんです。

そんな沢尻エリカさんですが、
2020年1月5日より始まる大河ドラマ「麒麟がくる」の帰蝶(濃姫)(きちょう・のうひめ)役を務める予定でした。

2020年1月公開ということですでに撮影も進んでいることかと思いますが、
沢尻エリカさんの逮捕を受けて、帰蝶(濃姫)役が誰になるのか気になる人が出てきています。

そこで撮影スケジュールの確認と、代役になりそうな女優を10名ほど予想してみました。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影はどの程度進んでいるの?

大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影はどの程度進んでいるのでしょうか。

NHKドラマのページによると、撮影スケジュールは以下のようになっています。

2019年6月3日クランクイン(撮影開始)

出典:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/369252.html

本日は11月16日ですので、本日も撮影しているとするならば、
すでに5ヶ月の間撮影されていることになりますね。

少なくとも9月2〜5日には茨城県北地域でエキストラ募集が行われていますので、ここまでは撮影は続いていました。

出典:http://www.ibaraki-fc.jp/extra/post-23673.html

 

ピエール瀧さん逮捕により代役が必要になった過去の大河ドラマである
「いだてん」のクランクイン、クランクアップについて調べたところ、
4月〜10月頃にかけて約6ヶ月程度の撮影期間を必要としていました。

今回の「麒麟がくる」も同様に考えると、撮影期間は6ヶ月は必要ということになります。

これらのことを考えると、撮影進捗は5/6程度、およそ83% ではないでしょうか

沢尻エリカさんは帰蝶(濃姫)を演じるということもあり、
初回から登場するということです。

もしかするとほぼ全ての話に登場している可能性もあります。

撮影もクライマックスを迎えていたところに、沢尻エリカさんが逮捕となり、
撮影している人は非常に大変な思いをしているのではないでしょうか。。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」の帰蝶(濃姫)はどんな人?

沢尻エリカさんが演じる(ことになっていた?)帰蝶(濃姫)はどのような人だったのでしょうか。

代役を考える上で必要になってきますよね。

「麒麟がくる」は明智光秀が主人公の大河ドラマです。

帰蝶(濃姫)は、のちの織田信長の正妻です。

ということで、代役となる可能性があるのは
幼さが残らない年代の美人女優となるのではないでしょうか。

 

沢尻エリカの代役予想として、twitterで#代役希望のハッシュタグを発見したので載せていきます。笑

スポンサーリンク

沢尻エリカの代役は誰?

代役の予想1人目:北川景子

代役の予想2人目:新垣結衣

代役の予想3人目:広瀬アリス

代役の予想4人目:栗山千明

代役の予想5人目:二階堂ふみ

代役の予想6人目:菊地凛子

代役の予想7人目:能年玲奈

代役の予想8人目:菜々緒

代役の予想9人目:貫地谷しほり

代役の予想10人目:吉岡里帆

まとめ

沢尻エリカさんの逮捕を受け、大河ドラマの撮影スケジュールや代役を予想してみました。

今回の逮捕は大河ドラマ「麒麟がくる」への影響は非常に大きなものになると思います。

初回から出演していたとこの徒ですので、ほぼほぼ撮り直し、にもなるかもしれません。

もしかしたら放送中止もありますよね。

そうなると損害賠償請求もとんでもないことになるかもしれません。

 

また、麻薬の所持、仕様は本当に身を滅ぼします。ダメです。絶対に。

最近芸能人の逮捕劇が続いていますが、次は誰になるのやら。。。

 

世の中から違法薬物がなくなる(簡単には入手できなくなる、でも良い)ことを願うとともに、

大河ドラマの動向を心配しながらここに筆を置くことにします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事