スポンサーリンク

こんにちは、とらです。

 

ビットリージョン(BitRegion)のGHが渋滞して
すでに5ヶ月が経過しようとしています。
そんな先日大変なことが起こりました。

まずはストーリーを。

参加されている方ならわかると思いますが、
現在ビットリージョン(BitRegion)内での
ビットコインの流動性がとても悪いですよね。

 

 

運営側もこの事態をよくわかっているのか、
様々な方略で改善?を行おうとしているように
思います。

 

3枚以上のパスポートを持たないと
アクティブメンバーとは認められない制約や、
オットコイン(OTTOCoin)という
新しい仮想通貨の発表と導入のお知らせを発表してます。

そんな中、事件が起こりました。

 

スポンサーリンク

全てのGHがAssigned(割当済)に

所有するパスポート数にかかわりなく

アクティブなGHがすべてAssigned(割当済)となったのです。

 

一見、喜ばしいことに思えますが、次がミソです。

 

  • キャンセルボタンが存在しない
  • Assigned Dateが none (なし)
  • ビットコインを受け取ることなくEndedへ変更となる

 

現在、こういった事態が起こっているようです。

私のところにも起こりました。

 

1月中旬にGHをしたのですが、そのGHが5/8に

Assignedへ代わり、詳細はnoneのままです。

これが何を意味するのでしょうか。

 

私にはビットリージョン(BitRegion)の運営が

我々へのGHを帳消しにしてしまおうとしている

ように思えます。

 

借金の踏み倒し的な感じですかね(笑

 

OTTOCoinはBR Shareに残る数字で変換できるようですので、
まだキャンセルボタンが存在するGHがあるのであれば
キャンセルし、BR Shareに数字を戻しておくのも
一つの手なのかもしれませんね。

 

ビットリージョン(BitRegion)を続けるのであれば、ですが。

 

まとめ

OTTOCoinがどんなクソコイン、おっと、どんなコインなのかは
未だ詳細がつかめませんし、ビットリージョン(BitRegion)の運営の
考えもはっきりとはわかりません。

数ヶ月間のGHキューの変動は結構楽しいものでしたが、
それを見られなくなると思うと
少し寂しい気もします。

 

さ、どうなることやら。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事