スポンサーリンク

こんにちは、とらです。

 

【2017年5月31日追記あり!文末をどうぞ!】

 

今回はビットリージョン(BitRegion)の新コインである
オットコイン(Ottocoin)のウォレット情報を得たので
色々と調査して書いて行きます!

 

スポンサーリンク

オットコイン(OttoCoin)の現状は

ビットリージョン(BitRegion)上でのオットコインの開発状況は
「Coming Soon」
となっており、正式には詳細は不明です。

 

しかしながら新しい情報が入ってきました。
オンラインウォレットと思われるサイトの発見です。

 

 

ウォレットサイトが発見された

そんなオットコインですが、先日ウォレット(財布)と
思われるサイトが発見されました。
オンラインウォレットと呼ばれる種類です。
ウォレットサイトは参考リンクとして記事下に記載しておりますので
気になる方はご覧ください。

 

スポンサーリンク

オットコインウォレット(Ottocoin wallet)の作り方

正式なオットコインのサイトかどうかは現段階では不明ですが、
試しにウォレットを作ることは可能なようです。

 

オットコイン(Ottocoin)のロゴの上で
マウスをランダムに動かしてみてください。

マウスの動きに合わせてコインのロゴが
下から青い色で埋め尽くされて行きます。

 

 

この青い色が一番上まで行くと
あなただけのウォレットアドレスが発行されます。

そのページ自体がオンラインウォレットになりますので、
将来、使う場合には必ずブックマークしておいてくださいね。

 

このオンラインウォレットを作成する過程で
マウスの動きが大切になってきます。

マウスの動きから乱数を取得してアドレスを生成していると考えられます。

 

ちなみに、このウォレット生成方法を利用しているビットコインウォレットとして
Rushwalletが存在します。
オットコインはこのウォレットを改変して使っているようです。

文末に関連リンクを書いておきました。

 

オットコイン(Ottocoin)のブロックチェーン(blockchain)

オットコインは仮想通貨の一つであり、
そのデータはブロックチェーンに収められていると推測します。

 

その理由としては、オットコイン(Ottocoin)ウォレットサイトの発見と同時に、
ブロックチェーンの状況をみることができるサイトも発見されているからです。

 

本記事執筆時点である2017年5月2日 19時49分では、1323ブロックの長さです。

 

OTCブロックチェーン長さ

 

ブロックが生成される時間は30秒から30分間など待ちで
決まりがないように見えます。
ちなみにビットコインは約10分に1ブロックが生成されます。

 

オットコイン(Ottocoin)の特徴は

オットコインブロックチェーンをみることができるサイトには
オットコインの特徴が英語で書かれていました。
私の簡単な和訳もつけておきます。

 

OTTOCOIN is a peer-to-peer Internet currency that enables instant, near-zero cost payments to anyone in the world. OTTOCOIN is an open source, global payment network that is fully decentralized. Mathematics secures the network and empowers individuals to control their own finances.

(以下、とらによる和訳)

オットコイン(Ottocoin)は、手軽で、手数料がほぼゼロな送金が可能な仮想通貨です。オットコイン(Ottocoin)はオープンソースであり、中央組織を持たない世界中のネットワークで成り立っています。数学的な手法がネットワークを安全にし、個人の資産を地震でコントロールすることを可能にします。

オットコインの特徴はnear-zero cost paymentsというところでしょうか。
具体的な送金手数料は提示されていないため
現在のところその他の情報は全くもって不明です。

 

オットコインマイニング(Ottocoin mining)(採掘)は可能か

現在のところ、ソースコードが公開されておらず、
マイニングできるかは残念ながら不明です。

 

しかしながらブロックを見て行くと
ブロック報酬や難易度(Difficulty)の項目が存在しており
将来的には採掘(マイニング)可能になるのかもしれませんね。

 

ブロックの中身

現状は取引が行われておらず、ブロック報酬も0です。
まだ開発段階ということでしょうか。

 

まとめ

今回はオットコインのウォレットおよびコインの特徴を
調べてみました。

 

しかしながら、本記事で紹介したコインが
ビットリージョン(BitRegion)で扱う本物のコインかどうかは
判明していません。

 

偽物の可能性も十分にあるため、「こんなのもできてるんだなぁ」程度に
とらえてください。

 

仮想通貨は今後も注目して行くべき存在で、ビットコインの動向などを
みていると、新たな時代の匂いがしてとても楽しくワクワクしてきます(笑

 

お約束ですが、投資行うのであれば、自己責任のもと、余剰資金で行うことを推奨します。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

参考リンク:オットコインウォレット(Ottocoin Wallet)作成
参考リンク:オットコインブロックチェーン(Ottocoin Blockchain)の閲覧
参考リンク:RushWallet (ビットコインオンラインウォレット)

 

追記

オットコインが正式に公開されましたね。
本記事で紹介しているオットコイン関連のリンクはすべて正しい情報でした。

 

現在、オットコインはICOと呼ばれる段階であり、残念ながら実際に使える状態ではありません。
いつ頃使用できるようになるのかを知りたい方は以下の参考リンクを御覧ください。

参考リンク:オットコインのこれからについて

 

ICOとはオットコインを入手する権利を購入するような感じです。

現在オットコインのICOに参加するには、

  • 直接オットコインの公式サイトから申し込みを行う
  • ビットリージョンのBR Shareからの変換を申し込む

この2つの方法があるようです。

 

オットコイン公式サイトでのICO申し込み方法

直接オットコインの公式サイトから申し込むには以下の画像を参考にしてくださいね。

ICO PHASE 1 : BUY NOW!をクリック

 

購入予定の金額またはオットコイン数量、メールアドレス、オットコインウォレットを入力

 

ビットコインでお支払いを行う

 

 

以上、追記でした。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事